育児を楽しく♪ 子どもの歯のこと何でもわかる♪ 子どもの歯のこと専門情報サイト♪

top_title.pngtop_ht_ouenmama.pngtop_ht_rink_dental.pngtop_ht_rink_dental.png

top_gn_home.pngtop_gn_home.png

top_gn_kiso.pngtop_gn_kiso.png

top_gn_blushing.pngtop_gn_blushing.png

top_gn_ortho.pngtop_gn_ortho.png

top_gn_qa2.png

qa_bill_mama.png

歯の治療について

Q.妊娠初期ですが治療はできるの?
A.多くの場合可能です
妊娠初期はセルフケアがしにくい時期で、お口の中が酸性に傾き、むし歯が大きくなりやすい環境です。
痛みがある場合は体調をみはからい妊娠初期であることをご連絡の上、歯医者さんへ行きましょう。
症状や場所によって異なり一様な処置内容ではありません。応急処置を行い、安定期にしっかり治療をすることもあります。
痛みによるストレスのほうが身体にさわります。一度歯医者さんへ足を運んでください。

top_main_lower.png

main675_upper.png

Q.レントゲンは赤ちゃんに影響ある?
A.赤ちゃんへの影響はほぼありません
医療目的で使用するレントゲンのX線量は非常に少なく、歯科で使うレントゲンは撮影部分が一部であり赤ちゃんに直接あたりません。
妊娠初期は緊急性が高い症状でかつ必要性ある場合を除き使用しません。
使用する場合は、念のため首からお腹までを被う鉛のエプロンを使ってお腹にあたらないように配慮します。

top_main_lower.png

main675_upper.png

Q.治療に使う麻酔は大丈夫なの?
A.安全性の高い麻酔を使用します
妊娠中はできる限り麻酔を使わない治療を選択します。ですが緊急性が高く、痛みがあるなどストレスが強い症状は、安定期に局所麻酔を少量使用して治療をする場合があります。
歯科治療で使う局所麻酔薬(キシロカイン)は、無痛分娩にも用いられる安全性の高いものです。

top_main_lower.png

お口のトラブル?

Q.歯肉の一部が大きく腫れています
A.妊娠性エプーリスかもしれません
まずは歯医者さんにご相談ください。
歯肉が腫れるという意味では歯周病も疑われますが、妊娠中に一部の歯肉が大きく腫れる症状としてもう一つ考えられるのが妊娠性エプーリスです。
妊娠性エプーリスは出産後、日頃のケアで自然と治ってしまいます。もしもなかなか消えない、または気になる時は歯医者さんでとることもできるので受診しましょう。

top_main_lower.png

main675_upper.png

Q.口臭があるような気がします
A.お口が酸性になり乾いているため
セルフケアがしにくい時期はお口の中が酸性になりやすく、女性ホルモンの影響からだ液の分泌量が減りお口の中が乾き気味になります。
その状態が続くと口臭につながります。できる限り食後すぐにお口をゆすいでだ液の分泌を促し、できるときに歯磨きをしてお口を清潔にすることで防ぐことができます。

top_main_lower.png